2010年 01月 27日

レーシック手術関連の検査は・・・

友だちがレーシック手術で視力が回復した、と言っていましたので、自分でいろいろと調べてみました。

そこでわかったことは、レーシック手術の手順として、まず最初に、適応検査を受けること。

この適応検査では、視力検査はもちろん、眼圧を測るなどして、レーシック手術を本当に受けられるような眼なのかを検査します。

最近では、無料で受けられる眼科医も増えてきているそうなので、試しに受けてみてもいいのではないでしょうか(^^♪

この検査で受けられると判断されて、ようやく手術に入ります。

レーシック手術は、基本的に20分~30分ほどで終わるようですね(^.^)

ただ、手術が終わってからが大変なんです。

手術当日はお風呂には入れないし、保護用メガネを1週間ぐらい付けなければなりません。

しかも、夜中には、寝返りで眼を傷つけないように、保護用眼帯をつけて寝ないといけません。

こういったことから、レーシック手術は、手術が終わってからが大変だと言えるのでしょうね(^_^;)
[PR]
by akemidesuy3 | 2010-01-27 23:23
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.